空きコマの暇つぶし

なんでも問います、書きます

わがままであれ。

 こんなこと書いていいのかなあと思いながらもつらつら書いてます。

 

 

 

 

「わがままでいてね」

 

 

 

事あるごとに思い出す言葉です。

 

 

 友人の言葉

 

 

亡くなった僕の友人から最後にもらった言葉です。約二ヶ月前、若くしてガンで亡くなりました。とても笑顔が素敵で知的でユーモア溢れる素敵な女性でした。ぼくが現地のスタッフとしてインドにいて、インドから帰国する直前に出会った方でした。

 

 

これを知った僕は、教育実習直前でした。お見舞いも行きました。

 

 

そして、その言葉を

何度も何度も考えながら生活してきました。

 

今やっと書き起こそうと思い立ったのでカキカキしてます。

 

でも

 

わがままでいるってなんだろうってずっと思ってました。

 

 

しかし、

当時、彼女とふたりでぼーっと海岸を眺めていた時の情景を思い出していたら

こう言いたかったのかもしれないなと考えるようになりました。

 

 

 

「自分らしく、この瞬間に生きてるということを噛み締めて」

 

 

 その時の彼女は、もしかしたらすでにガンを患っていて、残り少ない人生を最大限に生きる為に、インドに来ていたのかもしれないなと考えるようになりました(実際は聞いてません)

 

何故かというと、その時の眼差しは海の果てのほうを遠く眺めているようで、いまこの瞬間の人生を最大限に記憶してるようだったから。

すごく心地よく風を感じて、海を眺めていました。

 

 

 

 

僕は、わがままは言わないように育ってきました。

多くの方もそうかもしれない。

 でも、わがままであることは、自分らしくあることに他ならないとも思います。

 

 

しかし、自分らしく生きることはとても難しいことです。

 

 

例えば大学に居たら、

教員を目指すのは当たり前、サークルに入るのが当たり前、部活に入るのが当たり前、コンパに行くのが当たり前、お酒でぶっ倒れるのが当たり前、変わらないメンバーで戯れるのが当たり前。

 

当たり前が多すぎて、ひとたび脱線した瞬間に少し変な人になる。

 

 

なんか特に、一年の時は、見えない圧力というか「すべき」オーラがすごかった。

 

あれしろ〜、これしろ〜、なんでやってないの?大学生なのに〜〜。

 

先輩の指示に全く従わなかった僕はずいぶんと嫌われてたんじゃないかなと思ってます。

 

 

 

 

ぼくは、

「自分らしく」あることは難しいことなんだけど、でも自分が自分らしくある為に、まずは周りに「自分らしく」あれる環境を作ることができると思いました。

 

つまり、

「自分らしく」「わがまま」であることは迷惑が伴うことが当たり前だということを前提に考えた時、

迷惑をかけないように生きる選択をするのではなくて、迷惑をかけて当たり前という姿勢を持つこと(インドっぽい)が必要だと。

そして、自分が迷惑を被っても許せる(何故なら自分も迷惑をかけてきたから)環境、心持ちが僕には大切なんだろうと思いました。

 

僕自身もいまは相手に対しては常にそんなスタンスです。

 

僕も迷惑らしきことを被ることは散々ありますが、怒ったことは一度もありません、てか怒る気がさらさらありません。

 

 

 

 

最後に書きたい事は、

 

これからは、もっともっと自分らしく、今の人生を悔いなく過ごしたいということだけです。

その為のスタンスは続けて行きながら、自分らしさをより際立たせて行きたいです。

迷惑をかけてかけられて、自分のやりたいことを想い想いにやらたら、それでいいと思います。

 

そして、関わってくれてるみなさんは、これからも僕に迷惑をかけてください。

とことん迷惑をかけて、悔いなく利用しまくってください。

 

 

 

友人に感謝しながら。

おわり。

教育学部にいるとは。

 

教育ってすげーよ。

って思ってます。

 

昨日は見えなかった視点に今日は立つことができる。そして世界がガラッと変わって見える。

 

そんな驚きや感動を与えてくれるからです。

 

 

 

更にそこへ教育者としての視点を添えると、、。

日本はいま課題先進国である。

その為、解決しなければいけない問題が山積みです。

それを解決するのは

システムでも、エンジニアリングでもなく、正直「教育」しかないと思っています。教育なくして社会は持続的には発展しません。

 

それだけ意義のあるものだと感じます。

 

個人個人が、我ごととして問題を捉え、隣人の問題、友人の問題、組織の問題、地域の問題、県の問題、国の問題、世界の問題に取り組む姿勢を育てなきゃ今後のウン千年の持続可能な社会は実現できないんです。

 

「教育」というのはそれだけやり甲斐のある、しかし骨の折れるような仕事です。

 

 

では、課題を解決できる人材を育てるべく、教員として、教育方法という面でプロフェッショナルになるべきか?

 

 

それだけでは、ダメだと思います。

ぼくは教員が複眼的に社会や教育を見ることができる視点が不可欠だと思ってます。

 

複眼的とは、
いろいろな角度・立場から物事を見るさま。 「 -な思考」
のことを言います。

 

組織づくりを通じて、人に問題を問題として捉えてもらうには、全体像を見せなければいけないと感じました。そこでの内発的な動機が人のエネルギーになるからです。

 

つまりは、教員は、現行の教育が行われる時、その背景、その全体像を社会の構造や仕組み、役割など、全体を俯瞰することで、理解する作業が必要です。

 

学びと教育
行政と教育
法と教育
企業と教育
家庭と教育
市民(個人)と教育
教育問題と教育
世界と教育

 

このように、社会と分断されがちな教育は実は至る所とつながりがあります。

 

しかし、このような観点から複眼的に教育を考えられる学生はほとんどいません。僕も含め。しっかりと根拠立てて語れる人は教授でも一握りでしょう。

 

 

ここまでで伝えたかったのは、

・教育の意義を知っていること

・教育と社会を分断しないよう複眼的に物事を捉えられる視点を持つこと

 

が教員には必要だということです。

 

しかし、もはや学校教育が担える役割もキャパシティがオーバーになってきてます。

であれば、今後の公教育はどうなるでしょうか。もしかしたら、民間で教育を代替する時代もくるかもしれません。わからないですが。

 

まぁ、

色んな話が上がるとは思いますが、

今回はテーマ

教育学部にいるとは」

ということで

 

結論!!!!

 

「教育を学ぶとは社会を学ぶこと」

教育学部にいるということは、社会についてよく知ること。

これに尽きます!

 

 

やや文章がテキトーなのはごめんなさい、目的がなく、感じたことをそのまま表現してしまいました。

おわり、

 

 

実家を想う

あーい、たくでふ。

 

むかーしから静岡の山奥に住んでいて気にも留めなかった夜空を、この歳になって初めて撮影してみた。📸canoneoskissx7

 

f:id:ya-328-gamgam:20170927221321j:image


小学生の頃は夜に出歩くことはなかったし
中学校の頃は部活に明け暮れて夜空に何か思うこともなかった。
高校の頃は毎日部活の疲労で見上げる時間もなかった。
高校2年からは親元を離れて田舎から少し都会へ出てった。
そして大学生になり愛知へ下宿してる。

 

 

自分が生まれてきた環境は時として憎くなることがある。
逃げたくなることもある。
他人と比較して悔しくなったり、恥ずかしくなったりするからだ。

 

 

 

でも、今は違うと言える。

 

 


自分の生まれてきたこの環境は、オンリーワンでナンバーワンだ。

 

おわる

第一章 「不安とはじまり」(武者修行プログラム)

あい、たくです。

 

これから海外ビジネス武者修行プログラムの体験談を5回に分けて語っていきたいと思います!!

 

 

またお知らせなんですが

10月から名古屋で定期説明会を行っています。ぜひ以下のリンクへクリック!

↓↓↓

説明会会場・日程詳細 | 海外ビジネス武者修行プログラム

 

5.体験談

 

ということで、ぼくが現地でどんな経験をしたのかを体験を交えて語っていきたいと思います。それでは第一章です。

 

 

ぼくって参加前はどんな人物だったの?

 

  まー、簡単にいうと、国内外のプロジェクトを多く抱えていたから、日々多忙な感じでした。他の人からしたら「イタイ」やつだっかもしれません笑。

   武者修行プログラムに参加する前の僕は、それまで付き合っていた彼女と別れ、トビタテ留学の応募に落ち、元カノにキツイことを言われって感じで、まぁまぁメンタルぼろぼろでした笑(いまでは笑い話)

   プログラム参加にあたって、建前ではビジネスという手段で教育事業を行えるようになることが目標だったんですが、本音では、人生何しようか少しだけわからなくなっていた時期でした。

   ここまで不安定だった理由は、大学生活での自分の想いと現実とのギャップが関係してました。

具体的にいうと、ぼくは大学生活中は世界を自分の目で見て、いろんな視点から物事を考えられるゼネラリストなスペシャリストになりたいと考えていたのですが、そろそろ時間が迫って来たし、就職について考えなきゃいけないなあと考えるようになったことです。

 

   つまり将来の自分を真剣に考えるようになった時期がこの時期でした。

 

また、自分は様々なプロジェクトや活動、時には人を巻き込んでイベントやったり、お世話になった国でのプロジェクトに関わったりしていた中で、そのキャパにも限界が来ていました。

 

  これらの要因があって、ここまで視野を広くたくさんの活動をするよりかは、そろそろ的を絞って専念していこうと思うようになりました。でも何をしていけばいいんだろう。教育は自分の軸なんだけど自分が社会にインパクトを与えられることはなんだろう、と深く悩み始めた時期でもありました。2年後期のテスト週間でした🤗

 

出発前

  出発前は日本にいる間に、ベトナムで行う事業の企画を練っていきます。今回同じチームだったのはこの2人。スーミンとヒロカ。

f:id:ya-328-gamgam:20170924034457j:plain

スーミンは大人しいけれど、冷静に物事を判断できるやつ。でも意見が言えなかったのが課題。

ヒロカは早稲田らしい行動力のある元気な女の子。行動力でいったら日本でもトップクラス?ってぐらいの強さのある子。ってのが第一印象。

 

日本ではスカイプを使ってミーティングをし、ビジネスモデルを参考に現地の雰囲気を予想して企画を作ってみました。
とても優秀な2人だったので、とても、楽しくできました。

 

一方、自分はこのプログラムを何のために参加するのか、なぜ参加するのか、どう利用しまくるか、具体的な計画や準備などなどが明確に定まらずぐちゃぐちゃしたまま前日まで引きずってました。

 

いざ現地へ

まぁ考えたって仕方なーいということで、せっかくなんで周遊していこーってなりました。

日本→上海1日→香港3日→ベトナム17日(武者修行プログラム)→韓国5日→日本

てな感じでそれぞれの国で少し遊べる程度の日数を設けて航空券を取りました。

 

あ、ベトナムは15日以上いるとビザが必要です、メモメモ。。

 

まあ香港でわいわいしてからいよいよベトナムへ入国。

 

現地、ダナン空港に着いたらバスが待っててくれました。✈️

それに乗っていよいよまだ見ぬリゾート地、ホイアンに向かいます。

f:id:ya-328-gamgam:20170924034518j:plain

着いてからは少しだけ街の説明を受けました。

空港でお金を下ろさずに来ちゃったので、おぉぉ〜〜😭ってなってたんだけど、もともとベトナムに用事があって早めにインしてた子が多かったので、借りて何とかことなきを得ました。(武者修行生レベルたかすぎ)

 

武者修行生は大学の教室を活動拠点にしていきます。

なのである程度場所は理解してその日はホテルですぐ寝ました。

 

寝る前、みんなでご飯を食べた時に、みんながみんな活動家でとても刺激を受けました。

 

不安が大きい一方、期待や好奇心、闘争心などが芽生えた第0日でした。

 

今日はここまで!!

 

 

次の日からはいよいよ活動初日です。(次のブログへ)

f:id:ya-328-gamgam:20170924031919j:plain

 

読んでくれた方、ありがとうございました。

 

たく。

 

武者修行のすゝめ

こんにちは、たくです。

 

文章を書くにあたって、導入部分に何を書こうかなぁと考えて、あ、そうだ、GATSBYの制汗剤のペーパーを持ってトイレに入って汗を拭いていたのに、トイレットペーパーと間違えて制汗剤ペーパーでお尻を拭いたおかげでお尻がスースーという失態を話そうかなとおもっていたんですけど、やっぱりやめます。

 

今回はこの文章の結論からお話します。

 

僕の伝えたいことは一つだけです。

 

ぜひ海外ビジネス武者修行プログラムを知ってください。

 

==============================

OUTLINE

  • 1.海外ビジネス武者修行プログラムとは。
  • 2.得られること。
  • 3.なぜそれが得られるのか。
  • 4.どんな人たちが参加しているのか。
  • 5.体験談(次回ブログ)

==============================

 

f:id:ya-328-gamgam:20170924022341j:plain

 

1.海外ビジネス武者修行プログラムとは。

 簡潔に言うと、新興国のリゾート地で0から企画し、お店の利益を上げていく育成プログラムです。参加者は3~4名でチームを組み、ビジネスプランを共同で企画し、ベトナムでそれをカタチにしていきます。そして、実際にお客さまに届けるまで挑戦します。その過程では、ファシリテーターのサポートを受けながら、多くの学びを得ることになります。

f:id:ya-328-gamgam:20170924022513j:plain

 2週間という短い期間でこれをこなしていくことは普通じゃありません。毎日が挑戦であり、刺激的で感動的でもあります。四六時中チームのメンバーとビジネスのことについて話をして議論を深めて、ぶつかっては意見を擦り合わせて。そして実行してみて、フィードバックをする繰り返しです。もちろん、何よりもめちゃんこ楽しいっす。(下の写真はオフ日)

f:id:ya-328-gamgam:20170924023226j:plain

 

2.得られること。

 結論からいうと「自走式エンジン」「世界でチャレンジするマインド」「ビジネススキル」「チームビルディングスキル」の4つが大きいです。

 

「自走式エンジン」とは、自ら考え、選択し、行動できる基礎的なスキルみたいなものです。仕事や人生のゴール達成に向けてやり切る力が身に付きます。

「世界でチャレンジするマインド」とは、「世界を本気で相手にするマインド」と言い換えられるかもしれません。だから武者修行後の参加者は、日本の当たり前が通用しない海外の環境でも物事を前に進められるし、英語が苦手でも本気でコミュニケーションを取ろうとします。このマインドがあるからモチベーションを高く保つことができ目標高く頑張れるんだと思います。

f:id:ya-328-gamgam:20170924023744j:plain

「ビジネススキル」

マーケティングやプレゼンテーション、GPDCAなど、基本的なビジネススキルが身に付きます。多くの人は、武者修行が終わるころには、顧客ニーズの充足や社会課題の解決にビジネスの力を活かすことができるほどまでになると思います。

「チームビルディングスキル」

ビジネスに大切な要因は熱量(テンション)です。そのチームのテンションを構築するにはやはりチームビルディングが役立ちます。これによって他者を信頼しより深い人間関係を自分からつくれるし、更に仲がいいだけでなく、対立をも越えて、本気でゴールに向かうチームをつくれます。

f:id:ya-328-gamgam:20170924023903j:plain

 

3.なぜそれが得られるのか。

 時代が移り変わりグローバル化が進み、国境という枠組みが外れた今、様々な環境で仕事がなされる時代になりました。この時代に必要な人財は日本教育で学んだ知識を日本でのみ発揮する人財ではなく、『どんな環境下でも順応し、知識を活用するだけでなく成果を出すことができる人財』(真のグローバル人材の定義)です。

ではそのような人材を育てるには何が必要でしょうか。またなぜここでは得られるのでしょうか?

f:id:ya-328-gamgam:20170924031502j:plain

 FT(ファシリテーター

プログラムで欠かせないのがファシリテーターというアドバイスをする立場の方々。そして彼らはとんんんんんでもない経歴の方たちです(省略)。

僕はプロのビジネスパーソンが近くにいるのといないのとでは全く得るものが違うと思っています。

例えば、野球は、草野球のおじさんよりもイチローに教わるべきだと誰もが思いますよね。それはイチローの方が野球を知り尽くしているから。

それはビジネスも同じです。つまり経験しつくされた最高の頭脳が集まった空間の中で、私たちは物事を学び、ものすごいスピードで成長していくことができるのです。

 

 失敗の場(挑戦の場)

成長するうえで、適切なアドバイスはとても大切です。しかしそれだけでは十分ではありません。そこには「失敗がたくさんできる場」が必要だと思いました。そしてプログラムにはその場がたくさんあります。

失敗ってなかなか普段はできないことです。何故なら他人がいて彼ら彼女らの目線が痛くてたまらなかったりするからです。でも失敗は新しい気づきを与えてくれる貴重な機会なんです。それをしっかりと味わえるってなかなかないと思いませんか。

ではなぜ失敗ができる環境があるのか。それは全く知らない場で誰も知らない人と共に過ごし、お互いにガチな雰囲気だからです。

 人生のミッションと変態

当たり前の話ですが、武者修行プログラムはあくまでツールです。何かを克服するためとか、これこれを成し遂げたいからとかの大きな「人生のミッション(ゴール)」があるからこそ武者修行プログラムはもっと輝きます。

これを意識することでもっと今の現状を変えなくちゃということに気づくはずです。それが「変態」する前兆だと思います。

プログラム中で常にこれを問い続けます。そうすることで毎日が変態の繰り返しになるに違いありません。

f:id:ya-328-gamgam:20170924031909j:plain

 

 4.どんな人たちが参加するのか。

正直いうとめっちゃ幅広く参加されています。

男女比は5:5で、学年比は割とどの学年も均等にいるイメージです。もちらん院生も多い。

学生の性質でいうと、

・自分を変えたい、自信をつけたいという学生

ビジネスパーソンになりたい、起業したいという学生

・将来英語を使って海外で働きたい

という3種類に分かれるように思います。

 

個人的な意見だと、教育学を勉強されているかたが参加しても面白いと思いました。

まずビジネススキルや、マインドは誰もが持ってても良いと思うし

また武者修行プログラムを教育の環境として見るととても興味深いと思いました。

先生になる人は学生の人生に影響を与える人物になりえるので、人がどんな瞬間に変態するのか、その時の教育的環境はどうか、相手を本当の意味で「理解」するってのはどんなことか。。。これらは教育現場でも必ず生きてくるものだと思います。

 

 

 おわりに

最後に、、

最後までよんでくださった方はめっちゃめっちゃありがとうございました。

海外ビジネス武者修行プログラムに興味のある方は以下のリンクで説明会へ参加してみてください。名古屋は10月から定期説明会しています。

↓↓↓

説明会会場・日程詳細 | 海外ビジネス武者修行プログラム

 

 体験談は次のブログで。

おわり。

 

頑張ってるきみへ

たくです。

 

目標が高いがゆえに辛いことが多いと思う。

 

頑張ってるきみへ「頑張ってね」

 

とは心から言いたくない。

 

心から「いつも元気をくれてありがとう」

と言いたいです。

 

おわり。

 

意識が高いね!!っておもしろいね!

この前ある後輩とイベントの事について話をしていました。

 

その中で、彼女は、意識高い系にカテゴライズされることが不満だから、いままで自分のイベントに仲の良い子たちを誘うことが出来なかったと言っていました。

 

【意識が高いね!って言う人と言われた人はどんな感情なんだろう?】

 

使う人にとっては、褒め言葉として贈る言葉なのかもしれません。

でも言われた人にとっては、違和感があり(なぜ違和感があるかと言うと、自分自身は意識が高いとは思っていないから)、なかなか表に感情を出さない人もいます。

 

例えば

日本人にありがちのハローの問題も同じです。

伝える側は、外国人を歓迎したいから誰にでもハローと言う。

受け取る側の人がもし英語圏でない人なら、英語圏の人間にカテゴライズされてることに違和感を持つ。

 

そこには、伝える側と受け取る側の認識の乖離があります。

 

つまり、ぼくの結論は、意識高いね!と言う人は相手のことを知らない人が言うことだと思ってます。

 

でも知らなくて当たり前です。

ぼくもつい、「意識高いなあ」と言っちゃいそうになることもあります。

でも本当は相手の何も知らない。相手はどんな意識でやっているのか知らない。そのプロジェクトをやってるバックボーンもその人の想いも知らない。

なので解決方法があります。

 

それは自分の感情を表現することだけです。

 

「素敵だね」「かっこいいよ」「きんきんだな(これはおれの口癖)」などなど。

 

ハローの問題も単純に

母語で「こんにちは」と言えばいい。

 

だから簡単に相手をカテゴライズしたがらず、自分の感情を表現していけば、もっと心地いい関係が築けると思います。

 

 

まったく怒らない友達に「きみ、沸点高いね!いつもありがとう」
という褒め方はあまりしないですもんね。

なんか距離ができちゃいそう。

 

おわり。