読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空きコマの暇つぶし

なんでも問います、書きます。

暇つぶし独り言

美術棟の前の池に背を向けて、ベンチに座ってる

風が心地よく、昆虫たちの鳴き声も夜を歓迎してる

 

 

いったいどんな会話をしてるんだろう

 

 

ふと考える

でも俺らにはわからない

けど、なにか大切な、もっと根源的な、純粋な何かを語り合ってるかのよう

 

、、そんなことを考えてる自分はどうかしてるが、しかしそんな自分がすきだ

 

自然に寄り添い、自然体な心身で想えるから

 

フィクションであろうと、自分の中の妄想であろうと、想う心があるのだから

 

 

でも思考の中に突然、人工的な、冷たくて寂しい感情が自分を襲う

 

 

すると、いま自分がどこにいるかを見失う時がある

 

いま、この場、この雰囲気、すべてがまるで過去へ流されてしまうように

また未来へ飛んで行ってしまうように

 

私は「今」を生きたい

 

そして、さらに言えることは今を必死に生きてるものと共存したい

 

人は誰も一人では生きていけない

 

一人であれば生きたいとすら思わない

 

それが私の生き方